HOMEビスケットまつりの概要 > ニュージーランド6日間の旅

キャンペーン

ニュージーランド6日間の旅 旅行日誌

第1日目 5/17(火)
旅行1日目

ニュージーランド旅行初日。

成田国際空港に集合し、参加者一同の顔合わせを兼ねて、結団式を行いました。

北は北海道、南は九州まで全国各地から、13組27名が参加。14組の当選でございましたが、1組は残念ながらキャンセルとなってしまいました。お集まりいただいたみなさまに、約29万通の応募の中から選ばれたことをお伝えすると、喜ばれているご様子でした。

結団式終了後、成田国際空港を出発。初日は機内で一夜を過ごしました。

第2日目 5/18(水)
旅行2日目

ニュージーランド旅行2日目。

当初予定していた時刻から出発の遅れはありましたが、約11時間のフライトを終えてオークランド空港へ無事到着。そのまま国内線を乗り継ぎ、クライストチャーチ空港へ。

空港到着後、昼食をとり、現地の家庭訪問に向かいました。家庭訪問ではガーデン見学とパイクレット作り体験をした後、アフタヌーンティを楽しみました。ビスケットにゆかりのあるニュージーランドの暮らしの一部を切り取って味わえたことは、貴重な体験となったのではないでしょうか。

また、夕食時はホテルで「ビスケットパーティ」を開催しました。参加者のみなさまの自己紹介やビスケットクイズなどを通し、参加者のみなさまの懇親はもちろん、ビスケットへの知識や興味を深める良いきっかけとなったのではないでしょうか。

第3日目 5/19(木)
旅行3日目

ニュージーランド旅行3日目。

この日はニュージーランド南島での観光でした。
バスに乗って一路、世界遺産にも認定されている「アオラキ/マウントクック国立公園」を目指しました。
向かう途中では、道路の両脇に雄大な牧場が広がり、羊をはじめとした動物を見ることができました。さらには、「プカキ湖」や「テカポ湖」といった美しい景色も広がり、道中も常に驚きと感動がありました。

目的地である「アオラキ/マウントクック国立公園」に到着した後は、各自自由行動で皆様、ニュージーランドの自然を堪能されているご様子でした。

この日は、天候にも恵まれ普段滅多に見ることのできない「マウントクック」も顔を出し、皆様には貴重な体験をしていただけのではないでしょうか。

帰路の途中では、「善き羊飼いの教会」で写真撮影も行い、充実した1日となったはずです。

第4日目 5/20(金)
旅行4日目

ニュージーランド旅行4日目。
この日はクライストチャーチからオークランドへ移動。

移動後は、オークランド市内の観光でした。
市内北部に架けられた全長1020メートルの「ハーバー・ブリッジ」をはじめ、オークランドの海外線を通る「タマキドライブ」を車窓から眺めたあと、「サーベージメモリアルパーク」にて海を背に写真撮影を行いました。その後、ドメインパークへ向かい、植物園を見学しました。

夜は、南半球で一番高い塔と言われている街のシンボル「スカイタワー」にて、オークランドの夜景を一望しながら夕食を楽しみました。

参加者のみなさまが集まっての食事は、この日が最後となりましたが、初日と比べるとみなさまの会話も弾み、夜景を望みながらの食事は非常に楽しい食事になったのではないでしょうか。

第5日目 5/21(土)
旅行5日目

ニュージーランド旅行5日目。

この日は終日自由行動で、最終日は移動日となるため、観光を楽しめる最後の日となりました。

みなさま、オークランド市内で観光を楽しむ、ロトルアでマオリの文化に触れる、ワイトモ洞窟で土ボタルの神秘を体験するなど、各々で最後の楽しみ方をお選び頂き、ニュージーランド旅行を締めくくったのではないでしょうか。

ホテルに戻られたみなさまとお話しすると、早朝から夜まで1日の時間を目いっぱい使って行動されたようで、とても充実した1日となったご様子でした。

第6日目 5/22(日)

ニュージーランド旅行最終日。

皆様、ニュージーランドを名残惜しみながらも飛行機に乗り込み、一路、帰国の途に就きました。

約11時間という長いフライトでしたが、無事に成田国際空港に到着。

帰国後、解散する前に「これから買い物をするときは、今まで以上にビスケットに注目してみる」という声や「来年のビスケットまつりにも是非応募したい」「友達にビスケットまつりの応募を薦めたい」という声があり、大変嬉しい気持ちになりました。

今回の旅行を終え、これからもこのキャンペーンがビスケットのさらなる普及啓発につながっていくことを願っております。

このページの先頭へ